medusa

トレードログ

株式市場の構造

株式の「発行市場」と「流通市場」をあわせたものが株式市場。

発行市場では、株式や債券等が新規に発行され、それらが販売される。流通市場では、発行済みの株式や債券等が売買される。

 

発行市場は、株式や債券を発行したい人(会社や国)とそれを買いたい人(投資家、投機家)間の取引、流通市場は、株式や債券を売りたい人と買いたい人の取引と言える。どちらの取引でも、証券会社が仲介している。

 

新規に発行される株式や債券は発行市場で取引され、発行済みのものは流通市場にて取引されるため、発行市場と流通市場はそれぞれ一次市場二次市場と呼ばれる。

 

流通市場における証券取引所の役割は、買いたい人と売りたい人のマッチングを行うことで、買い手と売り手の条件があうと売買が成立する。こういった売買価格の情報は「板」というものによって示されている。